カテゴリ

無料査定を申し込む
買取専用電話 0120-120-770 11:00~16:45(平日)
私たちがしっかり鑑定します!
簡単買取
感動買取専門店
  • ルイ・ヴィトン
  • シャネル
  • エルメス
  • グッチ
  • 金・プラチナ・ジュエリー
  • ダイヤモンド
  • 時計
  • ブランド
Q&A
TAMA楽天通販サイトはこちら
店舗買取OK!店舗でも毎日高額買取!
TAMA facebook
STAFF BLOG

HOME > TAMA通信 > リサイクル貴金属の買取情報 > ペリドットの指輪やネックレスの価値は? TAMAが高額買取できる理由を教えます(*'▽')

TAMA通信

< ルイヴィトン モノグラム シテMM ショルダーバッグ高価買取りしました(o´艸`o)  |  一覧へ戻る  |  シャネル ファー ファンタジー Wチェーン ショルダーバッグ高価買取りしました(*^-^*) >

ペリドットの指輪やネックレスの価値は? TAMAが高額買取できる理由を教えます(*'▽')(2018年11月07日 12:00)

こんにちは。買取TAMAスタッフの和田です(o・ω・o)∩゙

 

 

 

今回のタマ通信は、『ペリドット』についてお話します。

 

 

古代エジプトの王朝で愛され、歴代の王たちが好んで王冠に使用したと言われているのが、オリーブグリーン色に輝くペリドットです。

鉱物名は「オリビン」で、和名は「かんらん石」と言います。どちらもオリーブの意味で、まさにオイルを塗ったような独特のテリのあるオリーブグリーン色に輝く色石です。

 

 

 

これは第一鉄の影響によるものですが、第一鉄が美しい緑色になることは稀で、ペリドットに限りきらめくような美しい緑色が実現しています。

 

このように主成分が地色に大きく影響する石を「自色」と呼び、エメラルドのように内包物によって色が決定するものを「他色」と呼びます。

自色の石がより美しいと評価されるためには、発色を阻害する内包物ができる限り少ないことが求められます。それが透明度の高い色合いを生み出すからです。

 

しかし、ペリドットは内包物が多い石で、特に黒雲母の薄片が内包される可能性が高く、褐色系の色を与える要因となります。

 

明るいライムグリーンから濃いグリーンまでありますが、この褐色味が強く出ているものは価値が下がることになります。

 

 

 

この石のもう一つの大きな特徴としては、複屈折率が高いことです。

大きな結晶を正面から見ると肉眼でも裏面が二重に見えます。

 

 

カットした石のモザイク模様の濃淡のバランスが立体的な美しさを醸し出しています。

 

 

 

 

買取タマでは色石の付いたジュエリーはもちろん、石のない指輪やネックレスなどの貴金属類も買取しております。

 

タマの宅配買取システムなら、往復の送料無料!

さらに、査定額に万が一ご満足いただけなかった場合の返送も無料です!!

 

女性鑑定士が1点1点丁寧に査定いたしますので、売るのが初めての方でも安心してご利用いただけます♫

 

またTAMAでは買取から販売まですべて自社で行っているので、中間業者を挟まない分、高額買取ができる仕組みなんです!

 

お客様から買取りしたジュエリーは、自社で仕上げ磨きをして、新品同様の状態にして販売していますので、傷やくすみがあったり、汚れ等がある状態が悪いお品でも大丈夫です。

 

自社で仕上げ磨きをすることにより、高い値段で販売することができ、「高値で売れる=高額で買取できる」ということになります!!

 

 

嬉しいことに、実際に高価買取でたくさんのお客様にお喜びいただき、リピーターになっていただいています(^^♪

 

初めての宅配買取でご心配な方、詳しい買取システムを聞きたい方、まずはお電話ください。ご利用いただければご満足いただける自信があります!!

 

 

ジュエリーの他、ブランドバッグやお財布、小物なども買取しています。

コートやマフラーなどの冬物は今が売り時です!時期が過ぎると需要がなくなり、査定額が下がってしまいますのでお急ぎください!!

 

宅配買取の詳細やお申し込みは、ページ下のバナーからご覧いただけます。

 

みなさまのご利用を心よりお待ちしております(*^-^*)♪

 

 

 

 

 

こちらの記事も読まれています

 

 

blogバナー2.jpg

 


カテゴリ:

< ルイヴィトン モノグラム シテMM ショルダーバッグ高価買取りしました(o´艸`o)  |  一覧へ戻る  |  シャネル ファー ファンタジー Wチェーン ショルダーバッグ高価買取りしました(*^-^*) >


このページのトップへ